科目名 日本国憲法
英文科目名 Health and Physical Science
担当教員名 渡邉 剛央
対象学年
開講学期 春学期
曜日時限 木曜日 1時限
対象クラス 獣医学部
単位数 2.0
授業形態 講義

回数 授業内容
1回 憲法の基本について学ぶ。そもそも憲法とは何か,憲法の目的とは何か,日本国憲法の基本原則,人権とは何かについて学ぶ。

2回 人権の限界と違憲審査制について学ぶ。人権といえども制約を受けることがあるが,どのような場合に人権の制約が許されるのかについて検討する。そして,その人権制約の合憲性を審査するための制度である違憲審査制について学ぶ。

3回 法の下の平等について学ぶ。まず,法の下の平等の意味について学ぶ。そのうえで,どのような場合に別扱いが許されるかについて,具体的な事件に基づいて学ぶ

4回 精神的自由権の中の,思想・良心の自由,信教の自由,学問の自由について学ぶ。それぞれの人権の意味および保障内容を学んだうえで,それぞれの人権の制約の可否について,具体的な事件に基づいて学ぶ。また,人権保障を強化する手段である制度的保障について,政教分離原則および大学の自治を通じて学ぶ。

5回 精神的自由権の中の,表現の自由について学ぶ。表現の自由を保障する意義を学んだうえで,表現の自由の制約の可否について,具体的な事件に基づいて学ぶ。

6回 経済的自由権の中の,職業選択の自由について学ぶ。人権制約の合憲性審査における精神的自由権と経済的自由権の違いについて学んだうえで,職業選択の自由の制約の可否について,具体的な事件に基づいて学ぶ。

7回 経済的自由権の中の,財産権について学ぶ。財産権の保障内容について学んだうえで,財産権の制限に関する規定について学ぶ。

8回 人身の自由について学ぶ。基本となる適正手続の保障について学んだうえで,被疑者の権利および被告人の権利について学ぶ。

9回 社会権について学ぶ。社会権と自由権との違いについて学んだうえで,生存権,教育を受ける権利,労働基本権の保障内容について学ぶ。

10回 参政権について学ぶ。特に選挙権の保障内容と,選挙に関する原則について学ぶ。

11回 受益権について学ぶ。請願権,裁判を受ける権利,国家賠償請求権,損失補償請求権といった,各種受益権の保障内容について学ぶ。

12回 新しい人権について学ぶ。たとえば,日本国憲法では,プライバシーという言葉は出てこない。そうした,日本国憲法に明記されていない人権が,憲法上保障されるのがについて学ぶ。

13回 特別な法律関係における人権について学ぶ。たとえば,受刑者は刑務所の外に出ることができないなど,一般国民とは異なる人権制約を受ける。このような人権制約がなぜ許されるのかについて学ぶ。

14回 人権享有主体性について学ぶ。日本国憲法では,国民の権利として人権を保障するという規定になっているので,日本国民ではない外国人や法人に対しても人権が保障されるのかについて学ぶ。

15回 私人間における人権規定の効力について学ぶ。そもそも憲法は国家と国民との間において適用されることが予定されている。しかし,現代社会では私人による人権侵害が多発しているので,これを防ぐために憲法の人権規定をどのようにして私人間に適用するかについて学ぶ。

16回 最終評価試験



回数 準備学習
1回 芦部『憲法』を読んで,憲法の分類,人権の分類についてまとめてみること。

2回 芦部『憲法』を読んで,公共の福祉と人権との関係についての学説についてまとめてみること。

3回 芦部『憲法』を読んで,法の下の平等の意味についてまとめてみること。また,『憲法判例百選Ⅰ』に掲載されている法の下の平等に関する各判例について,何が憲法上問題となっているのかを把握すること。

4回 芦部『憲法』を読んで,思想・良心の自由,信教の自由,学問の自由の保障内容についてまとめてみること。また,『憲法判例百選Ⅰ』に掲載されている,思想・良心の自由,信教の自由,学問の自由に関する各判例について,何が憲法上問題となっているのかを把握すること。

5回 芦部『憲法』を読んで,表現の自由を保障する価値についてまとめてみること。また,『憲法判例百選Ⅰ』に掲載されている,表現の自由に関する各判例について,何が憲法上問題となっているのかを把握すること。

6回 芦部『憲法』を読んで,人権制約の合憲性審査における精神的自由権と経済的自由権との違いを把握すること。また,『憲法判例百選Ⅰ』に掲載されている,職業選択の自由に関する各判例について,何が憲法上問題となっているのかを把握すること。

7回 芦部『憲法』を読んで,財産権の保障内容についてまとめてみること。また,『憲法判例百選Ⅰ』に掲載されている,財産権に関する各判例について,何が憲法上問題となっているのかを把握すること。

8回 芦部『憲法』を読んで,具体的にどのような権利が保障されているのかを列挙してみること。また,『憲法判例百選Ⅱ』に掲載されている,人身の自由に関する各判例について,何が憲法上問題となっているのかを把握すること。

9回 芦部『憲法』を読んで,生存権の法的性格に関する学説をまとめてみること。また,『憲法判例百選Ⅱ』に掲載されている,社会権に関する各判例について,何が憲法上問題となっているのかを把握すること。

10回 芦部『憲法』を読んで,選挙に関する原則をまとめてみること。また,『憲法判例百選Ⅱ』に掲載されている,参政権に関する各判例について,何が憲法上問題となっているのかを把握すること。

11回 芦部『憲法』を読んで,受益権にはどのような権利が含まれているのかを調べてみること。また,『憲法判例百選Ⅱ』に掲載されている,受益権に関する各判例について,何が憲法上問題となっているのかを把握すること。

12回 新しい人権としてどのような人権が主張されているか調べてみること。また,『憲法判例百選Ⅰ』に掲載されている,新しい人権に関する各判例について,どのような権利が主張されているのかを把握すること。

13回 『憲法判例百選Ⅰ』に掲載されている,特別な法律関係における人権が問題となっている各判例について,何が憲法上問題となっているのかを把握すること。

14回 『憲法判例百選Ⅰ』に掲載されている,人権享有主体性が問題となっている各判例について,何が憲法上問題となっているのかを把握すること。

15回 私人間の人権侵害の具体例について調べてみること。また,『憲法判例百選Ⅰ』に掲載されている,私人間における人権規定の効力が問題となっている各判例について,何が憲法上問題となっているのかを把握すること。


講義目的 憲法は、その国のあり方を示し、また国家と国民の関係を規律する国家の基本法であり、最高法規である。それでは日本国憲法は、いかなる理念と根本原理に基づいて成立しているのであろうか。また、いかなる基本的人権が保障されており、それらの制限・侵害が問題とされた場合、どのように救済されるのであろうか。このような日本国憲法に関する基本的事項を習得しておくことはある意味、この国で生活する者にとっての責務であるともいえるのである。この講義では具体的事件に関わる判例を適宜取り上げ、主に基本的人権と違憲審査制に焦点を当てて、日本国憲法の法理を考察する。










達成目標 憲法の目的について説明できるようになること。
○人権とは何かについて説明できるようになること。
○人権の限界について説明できるようになること。
○具体的な人権の保障内容について説明できるようになること。
○違憲審査制について説明できるようになること。
○人権制約の可否について判例を踏まえて説明できるようになること。











キーワード 憲法,人権

成績評価(合格基準60点) 各回に実施する基礎力テスト(比率10%)および応用力テスト(比率40%),最終評価試験(比率50%)により評価する。100点満点に換算し,60点以上で合格とする。

関連科目 法学A,法学B

教科書 憲法(第6版)/芦部信喜/岩波書店/978-4000227995

参考書 憲法判例百選Ⅰ(第6版)/長谷部恭男・石川健治・宍戸常寿(編)/有斐閣/978-4641115170:憲法判例百選Ⅱ(第6版)/長谷部恭男・石川健治・宍戸常寿(編)/有斐閣/978-4641115187

連絡先 (研究室等確定後に記載)
注意・備考